プロポリス 詳細
成分

50〜55%
- 樹脂
 
30%
- ワックス
 
810%
- エッセンシャルオイル
 
5%
- 花粉
 
- そのほかに脂肪酸、有機酸、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが少量含まれています。  
特性
• 抗菌作用
• 抗真菌作用
• 抗ウイルス作用
• 火傷治療作用
• 殺菌・細菌発育抑制作用
• 麻酔作用
• 抗炎症作用
• 酸化防止作用
• 酸化防止作用
• 傷跡形成・皮膚再生作用
• 防腐消毒作用
• 肝臓病予防・抗潰瘍作用
• 免疫システムへの刺激作用
• 抗腫瘍作用

マメ知識
   


HOW DOES HONEY BEES USE PROPOLIS INSIDE THE HIVE?


- Inside the cells :where the queen puts its eggs, and worker bees deposits honey, propolis is used to make it stronger and for desinfection;

- In openings: Avoiding invaders like ants, beetles, and mites entrance to prejudice the hive integrity,
contaminating it;

- In hive cleaning: when an invader is neutralized inside the hive, and it cannot be brought out by the bees, they cover it with propolis, to avoid putrefaction, and consequent hive contamination.


For these reasons, the greeks named this substance as

PROPOLIS
=“PRO” + “POLIS

"in favor" of the "city" or - in favor of the hive.
 
   
 
項目
プロポリス
ブラジルの蜜蜂
Propolis' Biological Activities - (英語)
[アルテピリン C] の抗癌作用
学術調査
学術調査 - (英語)
     
- プロポリスとは  
   

  プロポリスは蜂産品の一種ですが蜂蜜・ローヤルぜりー・花粉・蜂毒・ワックスとは異なります。

プロポリスは蜜蜂が樹皮や木の芽などから集めた樹脂や花粉を自分の唾液や蜜ろうと混ぜ合わせて作ったニカワ状の物質です。

蜜蜂は周囲の樹木や薬草などの植物からプロポリスのもとになる樹木の分泌液や樹脂を集める。蜂はこれを噛み花粉のかすや蜜蝋を加え巣の入り口や隙間など巣内を塗り固め無菌状態に保つ。
   
- 歴史
   
  薬用としてのプロポリスの使用はエジプト時代まで遡ります。当時プロポリスは伝染病、火傷の治療に使用していました。また、ミイラにする作業にもプロポリスを利用したと言われています。

ロシヤ連邦、東ヨーロッパや中国では古くから抗菌,抗真菌作用や抗ビールス作用の研究がなされていました。

日本では80年代末になって日本のある研究グループが抗がん治療に有効な物質をプロポリスから発見しました。
 
Bioessens Limitada © Copyright 1994-2006 - All rights reserved.
Bioessens Limitada - Phone: (+55 11) 4612-3885 - Rua Tomas Sepe, 320 - Jardim da Gloria - Cotia - SP - Brasil